加盟幼稚園検索

京都市内地域別:
幼稚園名で検索:
京都府下地域別:

聖マリア幼稚園

このページを印刷する

聖マリア幼稚園
〒606-8322左京区岡崎入江町84
075-761-4529075-751-8989
菅原さと子(園長)
http://nskk.org/kyoto/stmaria/kdg/
園メールでお問合せ

園長よりのメッセージ

【教育方針・園の特色】

  1. キリスト教(聖光会)の精神を生活全体の基礎としています。
    毎日の生活がお祈りで始まり、お祈りで終わります。
    日々の祈り、毎週の礼拝、また、クリスマスや感謝祭などの行事を通して、神さまと人々に感謝し、聖書のお話を聴き、キリスト教の愛の精神に根ざした人と人とのつながりが大切であることを学びます。
  2. 幼稚園の創始者といわれるフレーベルの幼児教育観を保育の精神としています。
    子どもの中に持っている創造性を十分に発揮し、子どもが自分自身で興味や要求を持ち、自分を表現しようとする自己活動性を誘い出すことこそ教育の本質であると考えています。
    子どもは、遊びを通して、喜び、自由、満足、安定、平和を体験し、人間として成長していくということを大切に考え、遊びを中心にした保育を行っています。
  3. 一人ひとりの個性と才能をのばす教育を心がけています。
    家庭のお父さんやお母さんと幼稚園の先生が、個人懇談、家庭訪問、お便り帳を通して、きめ細かい連絡を取り合いながら子どもの成長を見守ります。
    また、子どもの成長について、いつでも相談にきていただけるよう機会を設けています。
  4. 当園では、通園バスは使用していません。保護者が送り迎えをしていただくことを通して、親と子の関係、保護者と幼稚園との関係がさらに緊密になることを願っています。

いろいろな活動

【竹の子とどっちが高い】
春の遠足。植物園まで大型バスに乗って行ったね。
3歳児はお母さんと一緒。園内を探検していると「ひやあ!これ、竹の子? こんなに背が伸びてるやん」「どっちが高いか比べっこしてみようか」春の代表的な食材とは思いもよらない程の成長ぶり。子ども達も沢山の節を重ねて大きく大きく成長して欲しいですね。他にも、きれいな花、好きな花、可愛い花、神様がつくられた自然を堪能しました。

【おいしい給食をありがとう】
毎週水曜日。私たちの健康を考えて食材を選び、アレルギーの子ども達の為にも細かな配慮をして下さっている「あーすきっちん」さん。聖マリア幼稚園が給食をお願いし始めてから、10年になった事に感謝を込めて、年中・年長組が「いつも美味しい給食を作って下さってありがとう」「これからもよろしくお願いします」と思い思いの感謝の気持ちをお手紙にしてお渡ししました。

【神様のご用のお手伝い】
毎週月曜日。「今日は僕たちが当番」。年長組の二人がお礼拝堂の聖域より「これから献金礼拝を始めます。お立ち下さい」と全園児にアナウンスして「献金礼拝」が始まります。聖歌・お祈り・献金(「天の神様いまお捧げした献金を愛の御用の為に遣わせて下さい」とお献げします)・聖話・主の祈り・聖歌の後「これで献金礼拝はおしまいです」今日も一日神様のお守りがありますように。アーメン。

【大きな島ができたよ!】
お庭の砂場。子ども達の大好きな季節がやってきました。砂といえば水。誰とはなしに山を作りはじめ、スコップでその周りを掘りはじめ、次の誰かがバケツで水を運んで来て流し込む。そんなに水汲みに勤しんで疲れない? 大きな島やトンネル、また小さな島がいくつも出来あがることも。異年齢での関わりの中、発案してまとめるのはやっぱり年長組。憧れをもつこと、庇ってあげること、良い関係でね。

アクセス

市バス「93」「204」,「岡崎道」バス停前。

Google Map



大きな地図で見る