加盟幼稚園検索

京都市内地域別:
幼稚園名で検索:
京都府下地域別:

幼稚園型認定こども園 聖マリア幼稚園

このページを印刷する

幼稚園型認定こども園 聖マリア幼稚園
〒606-8322左京区岡崎入江町84
075-761-4529075-751-8989
菅原さと子(園長)
http://nskk.org/kyoto/stmaria/kdg/
園メールでお問合せ

園長よりのメッセージ

【教育方針・園の特色】

  1. キリスト教(聖光会)の精神を生活全体の基礎としています。
    毎日の生活がお祈りで始まり、お祈りで終わります。
    日々の祈り、毎週の礼拝、また、クリスマスや感謝祭などの行事を通して、神さまと人々に感謝し、聖書のお話を聴き、キリスト教の愛の精神に根ざした人と人とのつながりが大切であることを学びます。
  2. 幼稚園の創始者といわれるフレーベルの幼児教育観を保育の精神としています。
    子どもの中に持っている創造性を十分に発揮し、子どもが自分自身で興味や要求を持ち、自分を表現しようとする自己活動性を誘い出すことこそ教育の本質であると考えています。
    子どもは、遊びを通して、喜び、自由、満足、安定、平和を体験し、人間として成長していくということを大切に考え、遊びを中心にした保育を行っています。
  3. 一人ひとりの個性と才能をのばす教育を心がけています。
    家庭のお父さんやお母さんと幼稚園の先生が、個人懇談、家庭訪問、お便り帳を通して、きめ細かい連絡を取り合いながら子どもの成長を見守ります。
    また、子どもの成長について、いつでも相談にきていただけるよう機会を設けています。
  4. 当園では、通園バスは使用していません。保護者が送り迎えをしていただくことを通して、親と子の関係、保護者と幼稚園との関係がさらに緊密になることを願っています。

いろいろな活動

【きっもちいい~!】
ある暑い日、「お砂場で穴ほってみよっか?」と3歳児の仲良し男の子たち。少し掘ったら砂の下からじゅわ~と水が出てきたのです。「あしいれてみよ」と一人が言うと、足で砂を掘りながら、自分の足を入れていきました。「わあ!冷たいなあ、気持ちいいで」「ぼくも入る!」と次々に入っていったかと思うと、顔を見合わせると思わず、至福の笑顔がこぼれました。周りのお友達もニコニコと見ていました。

【神様、今日もお守りくださってありがとうございました】
夏休みに行う年長組の「お泊まり幼稚園」です。毎日過ごしている幼稚園が舞台。幼稚園で行うと、宿泊するのにドキドキしている子も、少しは安心感が得られます。朝9時半~次日お昼まで。プールを始め計画に沿って活動が行われ、就寝準備にはみんなで、今日一日無事に過ごせた感謝のお祈りをしてから「おやすみなさ~い」と天の使いに誘われ、神様に守られて眠ります。

【すべての事について感謝しない 】
「感謝祭」の感謝礼拝を行い、劇ごっこやリズム合奏等をお聴かせする前期の発表会です。感謝とは収穫(食に対して)・勤労(働いて下さっている事に対して)・七五三(子供の成長)・敬老参観(命のつながり)に私たちの心を合わせます。各ご家庭から食材をご持参頂き、お捧げして感謝します。日を改め、年長児を中心に「お料理教室」で豚汁に、慰問先へも持参し、感謝の気持ちをお届けします。

【おもち! おいしいんだから~】
1月の第3週土曜日に家族総出で寒餅撞きを行っています。保護者会に協力頂く本格的なお餅つきです。兄弟姉妹も参加し、小学生は火床の世話を手伝います。弟妹はお母さんと一緒にちょっぴりお餅も食べてみます。園児は撞く、丸めるを経験し、特に年長組は、目の当たりでお餅が出来上がる行程を学びます。本格的お雑煮も頂き、本物との出会いと同時に家族揃っての楽しい交わりのひと時を持ちます。

アクセス

市バス「93」「204」,「岡崎道」バス停前。

Google Map



大きな地図で見る